HOME > ブログ > 夏至の日の採蜜作業

夏至の日の採蜜作業

    Check

  Check

110622kmp.jpg 梅雨の曇り間?今日は夏至でした。北半球では太陽が最も高く、昼間の時間が最も長くなる日で、二十四節気の10番目にあたります。
 小倉は昨夜から梅雨前線による雨雲が通過し、一部の予報では11時くらいまで雨でしたが、9時半には雨が上がりましたので、延期となっていました3回目の採蜜を決行しました。
 3回目となると、世話人の皆も手馴れたもので、誰が決めるでもなくそれぞれが作業に入ります。先ずは燻煙器で巣箱付近を煙立たせ、みつばちの興奮を抑えます。養蜂箱上段の継箱から蜜のつまった貯蜜枠を取り出し、みつばちを刷毛で軽くふるい落とします。
 続いて、貯蜜枠を2つを遠心分離器にセットします。世話人の比較的?若いメンバーがハンドルを回すと、花の香りが広がり分離器にハチミツが貯まっていきます。そして、分離器のコックをひねると、透明度の高い純粋で濃厚な蜜がトロリと流れ出てきます。
 今回は採蜜の模様の動画をYou Tubeにアップ、下に掲載してみました。
 遠心分離器を回す模様                      分離器から蜜が流れ出す模様
  
小倉みつばちプロジェクトのYouTubeはこちらです。お気に入りに登録しておいてください。
 
110622kmp2.jpg 一方、他のメンバーは女王蜂のいる下箱の枠に王台の有無をチェックし、今日は6個の王台をみつけ切除しました。

 先週からサポーター会員の方に京町の1丁目の元気さんに取りに来て頂いていますお裾分けですが、当HPでもご案内の通り、当初は2年目からの予定でしたが、何とか採蜜に目処が経ちましたので、今回の1年早いお届けになりました。未だおはがきの届いていないサポーター会員の方申し訳ございません、もう少々お待ちくださいませ。
 早速、小さなサプライズに喜びのメール等を頂いております。今後ともご支援の程、宜しくお願いいたします。

※ビルの管理上、一般の方が養蜂箇所付近へ立ち入る事は固く禁止されています。 皆様のご理解、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

HOME > ブログ > 夏至の日の採蜜作業

新着記事
リンク
小倉みつばちプロジェクト連絡先

☎  080-3957-2849

 お電話を取れない場合は後程 当方よりご連絡します。通知設定でお電話ください。


 小倉みつばちプロジェクト宛メール

 お問い合わせはメールでお願いします。

 info@kokura-mitsubachi.jp

<郵便物等送付先>

〒802-0002

北九州市小倉北区京町1-2-20

新井硝子店 内

小倉みつばちプロジェクト世話人会

ページのトップへ