HOME > ブログ > 小暑から大暑・・・

小暑から大暑・・・

    Check

  Check

110723kmp02.jpg 梅雨明けから早いもんで二週間経過しました。 今日は「大暑」 暑気が至り一年で最も暑い「酷暑」の時期とはよく言ったものです。小倉のまちの暑さはマダマダこれからが本番デス。
 小倉みつばちは心配された台風6号の影響も殆どなく、元気です。台風が最も接近した20日の日は作業を避け、前日の19日に作業を行った事も良かったのでしょう、王台チェックも特に異常はありません。貯蜜枠にはきれいに蜜が貯まってきていますので、来週には5回目の採蜜ができそうです。
110723kmp01.jpg 先日、仙台ミツバチプロジェクトのTweetに【ミツバチ豆知識】「ミツバチは夏の熱い日に外から水をくんできて巣の中で水をまき、その水が蒸発する気化熱で巣内の温度を下げるんだそうです。つまり打ち水ですね。ミツバチは体は小さいけど賢い生き物なんです。」とありました。今日はそんな様子でも写真に撮れないかと思っていましたが、作業役は巣枠を取り出す役で、すっかり忘れてしまっていました・・・。因みに、小倉みつばちの水飲み用のお皿はは巣箱の直ぐ横に置いてあり、作業の時に毎回 副代表の新井さんが、水を飲みやすい様にさりげなく葉っぱを入れ水を替えてくれています。きっと、小倉みつばちは葉っぱからしっかり水を飲んで、巣の中で110723kmp03.jpg打ち水をしているんでしょうね。
 とは言っても、暑い夏の日に健気に働く小倉みつばちの為に、巣箱の周りの気温が少しでも下がるようにと花の水やりの後、巣箱の前にホースで散水し、今日の作業を終えました。
 帰り際に、前回 「白い小さな花が咲いています」とおしらせしキンカンの樹に 今日は小さな実をしっかりとつけているのをみつけました。 二十四節季も夏至、小暑(今年は7月7日でした)、大暑と続き、次はもう立秋です。
 
 ※ビルの管理上、一般の方が養蜂箇所付近へ立ち入る事は固く禁止されています。 皆様のご理解、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

HOME > ブログ > 小暑から大暑・・・

新着記事
リンク
小倉みつばちプロジェクト連絡先

☎  080-3957-2849

 お電話を取れない場合は後程 当方よりご連絡します。通知設定でお電話ください。


 小倉みつばちプロジェクト宛メール

 お問い合わせはメールでお願いします。

 info@kokura-mitsubachi.jp

<郵便物等送付先>

〒802-0002

北九州市小倉北区京町1-2-20

新井硝子店 内

小倉みつばちプロジェクト世話人会

ページのトップへ